すね毛のムダ処理の方法

すね毛の脱毛は、市販で売っている脱毛クリームでも驚くほどツルツルになります。
しかし、脱毛から1ヶ月もすれば、少しずつ毛が生えてきて、チクチクするようになります。布団で寝ていても、チクチクするため、あまり毛に触れないようにするほかありません。

市販のクリームは表面的に脱毛しているにすぎず効果が持続しにくいという欠点があります。
おすすめは、脱毛エステです。
おそらくは毛根から脱毛する術があり、長く生えないようにする技術があると思います。料金は少しかかりますが、肌へのアフターケアを含め皮膚を傷めないような工夫がされていて、何より脱毛中はリラックスできるのが利点です。

エステで脱毛施術を受けたとがない方の中には、「エステ脱毛、やってみたいけれど・・・ちょっと怖い。どんな感じなの?」というように、興味はあっても不安が先にたって一歩がなかなか踏み出せない、という方が多いのではないでしょうか? そんな方のために、脱毛方法・セルフケアなど、サロンでの脱毛に関する情報を以下にまとめました。ぜひ、参考にしていただければと思います。 まずは手軽に始められるキャンペーンのお得な脱毛エステはいかがでしょうか?
参考:ひざ下脱毛エステおすすめランキング/キャンペーンで安く脱毛

足出しルックではすね毛がどのぐらい生えているかがわかり、すね毛の量が多すぎると少し減らすぐらいのムダ毛処理が望ましいです。
量を減らすといううえで、一本ずつ脱毛できるのはエステになります。

面倒なムダ毛処理

女性は誰でも面倒と思っているムダ毛処理。特に冬は露出する部分が少なく、放置している方も多いと思います。

処理方法で一番多いのは、カミソリで剃ることだと思いますが、最近ではエステに脱毛コースができ、手頃な価格でできるようになりました。

世の中の女性がそれだけ脱毛に悩み、処理に困っているからだと思います。
実際私もムダ毛処理は面倒で嫌だったので、今はエステの脱毛に通っています。本当に楽ですし、カミソリで剃った後のチクチク・ジョリジョリもなく、すごく快適です。
しかし、脱毛に行くということは、お店の人にムダ毛を見られて恥ずかしいから行けないという方がとても多いです。

正直、1日に何人もの人のムダ毛を見ているお店の人は、まったく気にしていません。
手頃な値段でできるのに、もったいないです。一度問い合わせたり、直接話を聞きに行ってみると良いと思います。

たぶん、自分の中で想像している脱毛とはまったく違っていて、脱毛してみようかな。とその日に思うかもしれません。

メディカルサロンの脱毛

カミソリで毛を剃りますと仕上がりが良くありませんよね。

自分も何度と使用してみた経験がありますけど、さすがに満足感が得られなかったです。

しかも肌の質が弱いので、使うたびにカミソリ負けをして荒れた状態になっていました。

そこで、美しい肌になるというキャッチフレーズに惹かれて「エステティック」を利用してみることにしました。

わたくしがはじめに腕の脱毛で通ったのは、「クリニック」が提携するメディカル系の店舗です。

こちらのサロンで脱毛のときに扱っているマシンは、最新型の光です。

腕の部分の脱毛を受けるのは初回の体験だったのですけど、カウンセリングの際も強引な契約ではなく、スタッフさんもあっさりと対応してくれたので良かったです。

また目立たない立地の店舗なので、平日ですとカウンセリングを受けた当日から1回目の脱毛が行えるようになっています。

リアルの施術もスピーディで、たった10分ほどで完了するのでストレスフリーです。

盲点になりやすい女性の腕の脱毛

女性のすね毛は100年の恋も覚めると言われており、すね毛の脱毛には力を入れている人も多いのですが、盲点となるのが腕の脱毛です。

腕に立派な毛が生えている女性も多々いらっしゃいますが、男性はしっかりそういうところも見ているものです。
というより目がいくものです。昭和のアイドルがバラエティ番組に出ていた時にコメディアンから腕毛濃いねと言われるシーンもありましたが、男性は女性の意外な毛深いところを意識してしまうようです。
女性も腕毛の脱毛も視野に入れた方がよいでしょう。すらっと長いきれいな指を辿ると白い細い腕に無駄毛が無く滑らかな様子はポイントが高くなります。
また腕毛は自分の目線で見ても真上からしか見ないためにそれほど濃く思えませんが、男性目線で前から見ると密集して見えるものです。
試しに鏡の前で確認すると角度により思いのほか濃く見える場合があることが分かります。

せっかくすね毛も脱毛するのであれば、一緒に腕も脱毛したいですね。

ムダ毛というけれど体毛は無駄でしょうか

腕の毛を気まぐれから剃ってしまったことがあって、その時感じたのは「もう2度と腕の毛を剃ることはやめよう!」でした。ほんの気まぐれから剃ってしまい、腕の毛はなんだか不自然にツルツルして自分の腕のようには感じませんでした。

肘から下部分だけの毛を剃って肘から上はそのまま手を付けなかったので、じっくり見られたら恥ずかしいと思い、夏だったのに薄い長袖を着て毛が元に戻るまで待ちました。

中途半端な脱毛とか、よく考えもしないで気まぐれから体毛を剃ったり抜いたりするのはいい結果にならないことを、たくさんの失敗から勉強しました。私は基本的に自分の体毛を邪魔なものだという意識が薄い方です。自分のカラダの一部である体毛を毛嫌いしてしまうことはどうなんだろうと思うからです。

ムダ毛だとよく人から呼ばれていますが、体毛って本当にムダ毛なのかな?とも疑問に思います。体毛は体毛であってムダ毛ではありませんよね。体毛を邪魔なものだと把握している人が、その部分に生えている体毛を無駄だと思っているからムダ毛と呼んでいるだけです。

わたしは数々の失敗をしたおかげで、どうしても大人のエチケットとして手入れしなくてはいけないところしか脱毛や除毛をしていないけれどこれで満足してます。

脇毛の脱毛勝負

中学生時分にうっすらと脇毛が生えてきたのを覚えています。薄いひょろっとした毛だったのでしばらくそのままほって置いたのですが、薄毛も数集まるとけっこうなブッシュ状態になってきたので、父親のかみそり(もちろん新品)を拝借してじょりっとやったのです。その後から生えてきた脇毛は、はっきりと主張した毛に変貌していて、鉛筆で例えるなら2HがHBになっ
たみたいな。
そのショックから私は一切かみそりを使わず、ひたすら抜いて抜いて抜きまくりました。
そのかいあって(か否か)20歳を過ぎてから今日まで脇毛の処理をしたことはありません。脇毛との勝負に勝ったと思っております。

ついでに、足の毛の処理についてもお知らせしておきたい事があります。脇毛処理の時にかみそりでやって懲りていたのに何を思ったかまた太ももの毛をじょりっとやってしまったのです。
その時は、ひとつの毛穴から3本も生えてきてすっかり落ち込みましたが、抜くには面積が広すぎてそのままにしていました。ある日、気が付くとすっかり薄くなっているではありませんか。当時、毎日はいていたジーンズが太ももにすれて、次第に擦り切れたんですね。

毛深い私がつるつるお肌になれました。

私は物心ついたころから自分が毛深いことに悩んでいて、ずっと長い期間剃刀やレディースシェーバーでムダ毛の自己処理をしていました。
特に腕や背中、足の毛が濃く、夏になって半袖やスカートを履く時期になるのが本当に憂鬱でした。
剃っても毛穴の黒いぶつぶつが残ってしまって、肌も乾燥して荒れてしまいボロボロの状態でした。

剃刀やレディースシェーバーなど、剃るから肌が削れて荒れるのだと思い、脱毛クリームや毛抜きも併用したのですが、やはり肌荒れと毛穴のぶつぶつは解消せず、なるべく夏でもロングTシャツを着たりズボンを履いたりして、肌が見えないようにしていました。
学生時代はなんとかそれで乗り切ったのですが、社会人になるとそうはいきませんでした。

制服があったからです。
どうしようかと悩んでいたときに、ムダ毛の無いスベスベ肌の友人から脱毛サロンに通っているという話を聞き、私も通って見たいと思うようになりました。

脱毛は高い、痛い、勧誘されるというイメージがずっとあって不安でしたが、紹介してもらった脱毛サロンはそんな心配が全然要らないほど、効果もばっちりあってスタッフの人も優しくて、料金もリーズナブルなサロンで安心しました。
今は昔あんなに悩んでいたのが嘘のように、ムダ毛の無いつるつるのお肌になることができました。
もっと早く行けば良かったなと思います。

初めてのクリニックでの脱毛

私はとある美容系のクリニックで脱毛をしてもらいました。
それ以前は脱毛サロンで脱毛をしてもらっていたのですが、どうしても背中上とかお腹周りの細くて量の多い部分はサロンとの相性が悪くて、中々抜けを実感できずにいました。

なのでもっと早く効果を実感したくて、今まではどうしても料金が高くて敬遠していたクリニックで思い切ってしてもらおうと決めました。

サロンで安いからといって何十回と通っても時間もかかるし、同じくらいの料金になりそうだと思ったのでクリニックでしてもらいました。

クリニックなのでちゃんとしたドクターが問診とかしてくれたのでちょっと病院ちっくな安心感がありながらも小奇麗な待合室はサロンのような雰囲気でした。

実際に脱毛施術をしてもらったのはカーテンで仕切られたスペースで、これはなんとなく病院的な雰囲気だなって思いました。

そして特にローションとかそういうものも塗らずどんどん光を当てていきました。

光脱毛そのものはサロンと同じようですが、パワーが断然クリニックの方が強いので今まで背中とか細い毛の部分は痛みとか感じなかったのですが、今回のクリニックでの脱毛では痛みがあって、ちゃんと効果が出そうと思えました。
医療用の機械の凄さを実感できました。

脱毛には自分の努力も欠かせません

脱毛!脱毛!と、脱毛業界は最近も宣伝活動に忙しそうです。女性のキレイを応援する脱毛も良いでしょう。

もっとキレイを手に入れたいと欲深くなる、女性の心理をよくわかった上での宣伝活動だと思います。
魅力的な謳い文句が並べられ、女性はその謳い文句に引き寄せられるように脱毛を始めるのでしょう。

でも、脱毛をすることでキレイになれると思うのはいいですが、脱毛をしてもらってキレイになるプラス、自分でも肌をきれいにする努力をしなくてはいけないことを忘れてはいけません。
誰かに肌をキレイにしてもらうことだけを考えてラクをしてキレイになることばかり考えていてはいけません。

脱毛サービスを受けるなら、せめてその期間中は肌を焼かないとか肌を健やかに保つ努力をすることです。
肌をゴシゴシこする洗い方もしてはいけません。
肌に負担をかけること全てに気を付けなくてはいけないはずです。

脱毛サービスさえ受ければキレイになれると思うのは間違いです。